産廃・不用品の処分についての疑問にお答えします!

廃棄物の最終処分場であと15年しか持たないって本当?

平成26年度の環境省の調べによると、全国の廃棄物最終処分場の残容量は17,181万㎥で、昨年より1,090万㎥少なくなり、このまま新しい処分場ができずに、同じペースで埋立処分が進むと、全て埋まってしまうのに、なんと僅か14.7年しかない計算になります。

廃棄物の処理単価も年々上がってきており、全国平均で金属くずの1.3万円/t~廃石綿の6.9万円/tとなり、混合廃棄物では3.4万円/tとなっています。

この現実を捉えると、今まで以上にリサイクルの意識が高まりませんか?

普通に生活してたら、あっと言う間に廃棄物を埋めるところは無くなり、費用も更に高くなり、生活用品など身近な商品の価格も必然的に上がってくることが想像できると思います。

そうなると、不法投棄が増えたりで、今以上に海にプラスチックごみが浮きまくった状態を見ることになります。

そでは、どうしたら良いのでしょか?

来年に掛けては、今までリサイクル(特に中国に販売されていた)されていたプラスチックも輸出が出来なくなる方向にあり、こちらも処分費が掛かるよになります。

また、最近の包装材などは紙「紙」と「プラ」、「アルミ」と「プラ」などのように複合材が増えてきています。

これらをそのままリサイクルできる方法があるのです!!!

 

廃棄物が大量に出る事業所さんに向けに、是非、自社からゴミが出る時点で「減容」「減量」していきましょう。

従来は、それらの作業の前に発生する「選別」が一番手間が掛かってましたが、この機会においては、その作業は不要!

有機性の廃棄物であれば、そのまま投入可能です。

それで出てくる量は元の250分の1!!!

「まさかっ」・・・って思ったあなた

是非、一度御社の廃棄物でテストしてみませんか?

まずはお電話ください。

http://threes-3s.co.jp/

(注)本記事の内容は、公的機関の掲出物ではありません。記事掲載日時点の情報に基づき作成しておりますが、最新の情報を保証するものではございません。

by
「産業廃棄物に関する知識をもっと身近に!」をモットーに、産廃関連の疑問点や不明点を解決する情報メディア「産廃のはてな」でライターとして活動。 3年以上におよぶブログ運営の情報を発信しています。