産廃・不用品の処分についての疑問にお答えします!

金庫の処分はどうすればいい?金庫の処分方法と気になる費用を解説!

金庫の処分はどうすればいい?金庫の処分方法と気になる費用を解説!

買い換えたいなどの理由で、金庫を処分したくても方法がわからない方が多いのではないでしょうか?

また、金庫を処分する費用についても、どのくらいかかるか見当もつきませんよね?

処分しなくてはならない時に何もわからない状態では、何もできず困ります。

そこで今回は、金庫の処分はどのようにすればよいのか、費用はどのくらいかかるのかなどについてご紹介します。

【金庫の処分】金庫の種類を知ろう!

【金庫の処分】金庫の種類を知ろう!
金庫には主に「耐火金庫」「防盗金庫」の2つの種類があります。

それぞれ、どのようなタイプなのか解説します。

「耐火金庫」は、文字通り耐火加工がしてあるものです。
火災に遭っても中のものを守れる機能が備わっています。

一方、防犯という意味では必ずしも完璧ではなく、盗難される際に衝撃を加えられると壊れる可能性があります。

耐火加工をしているため、重量は重くなる傾向があることも特徴です。

「防盗金庫」は、盗難に備えて重厚な作りになっているものです。

盗難される際に想定される衝撃に強く、中身を守れるようになっています。

また、衝撃に耐えられるような作りにしているだけではなく、防火機能も兼ね備えており、重量は重くなります。

【金庫の処分】金庫はゴミとして出せるの?

【金庫の処分】金庫はゴミとして出せるの?
金庫はゴミとして捨てることはできない自治体がほとんどです。

家具・家電など大きくて重いものでも粗大ゴミとして捨てられるのが普通ですが、金庫の場合はゴミとして処分することが難しいという「適正処理困難物」というものに指定されている自治体が多く、そのために捨てられなくなっています。

しかし、手提げ金庫という持ち手があり持ち運びが可能な小さいものなら、粗大ゴミや埋め立てゴミなどに出せる自治体もあります。

つまり、手提げ金庫のような小さいもの以外は、処分方法を考えないといけないということになります。

どのような方法があるのか、次に解説します。

【金庫の処分】2つの方法があります!

【金庫の処分】2つの方法があります!
金庫がいらなくなったときに、どのように処分すればよいでしょうか?

【金庫の処分】回収を依頼する

壊れているものに関しては、業者に依頼して回収してもらうのがよいでしょう。
購入した店舗であれば引き取ってもらえることもあります。

また、新しいものを買うことと交換に引き取るというシステムのところもありますので、業者に問い合わせてみてください。

しかし、ただで回収してもらえるわけではなく、費用はかかってしまいます。数件に問い合わせをして、一番安く済むところに依頼しましょう。

【金庫の処分】買取を依頼する

まだ使えるものの場合、買取をしてもらいましょう。
無料で査定できるところを数件選び、一番高い値段を付けてくれたところに売ることがおすすめです。

ネットオークションなどで売ろうとすると、自分もしくは相手が個人的に発送の手配をしなければなりません。

金庫はほとんどの場合が持ち運びできる重さではないため、発送の準備はかなりの労力を必要とします。

一般の方がそのようなことをするのは危険が伴うためオススメはできません。業者に依頼して買取に来てもらうことをおすすめします。

【金庫の処分】金庫の処分を依頼できる6つの業者

【金庫の処分】金庫の処分を依頼できる6つの業者
金庫は業者に処分を依頼できるとご紹介しましたが、具体的にどのような業者がいるのでしょうか?

【金庫の処分】金庫を販売している業者

先ほども解説したように、金庫を販売している業者は回収をしているため、依頼してみることをおすすめします。

新しいものを買う場合には連絡しやすくても、ただ古いものを引き取ってもらうのはためらうという方もいるかもしれません。

しかし、業務として引き取りをしているところが多いですので、まずは連絡をしてみることをおすすめします。

【金庫の処分】「日本セーフ・ファニチュア協同組合連合会」

日本セーフ・ファニチュア協同組合連合会(日セフ連)は、スチール製の家具の販売などをしています。

その中で、金庫の廃棄について相談を受け付ける活動も行っています。

相談窓口があるので、処分方法が何もわからないという方でも相談してみてはいかがでしょうか?

日セフ連は東京、名古屋、大阪、広島、福岡に地区組合がありますので、お住まいの地域にある日セフ連に問い合わせてみてください。

【金庫の処分】リサイクルショップ

買取を希望する場合、近くに専門の業者がいなくて呼べないということもあるでしょう。

しかし、リサイクルショップであれば近くにあり利用がしやすいため、気軽に売りたい方にはリサイクルショップに依頼することも方法の一つとして考えられます。

ただ、お店によっては取り扱う商品を限定しているというところもあります。まずは金庫が買取可能かどうか問い合わせてみましょう。

また、自宅まで引き取りに来るサービスをしていないところもありますので、あらかじめ自宅まで来てくれるかについても確認しておきましょう。

【金庫の処分】金庫の修理や鍵開け作業などをしている業者

金庫が故障したときに修理をしたり、鍵開けの作業をしたりする専門業者も、引き取りをしているところが多いです。

「古くて壊れかけているものを念のため修理してみてもらおうか」「もし鍵が開いたらもう一度使ってみよう」というようなことでも依頼してみて、もし作業をしてもらっても直らない、鍵が開かないということであれば、引き取ってもらうということも可能になります。

【金庫の処分】買取業者

買取業者とは、家にある不用品を買取してくれるサービスをしている業者です。

査定員が自宅まで訪問して査定し、金額に納得できたらその場で買取をしてもらえるので、重くて持ち運べないものでも簡単に買取してもらえます。

買取業者はブランド品、着物、スマートフォン、パソコンなどさまざまなものを買取していますが、その中で金庫も買取しているところがあります。

まずは買い取ってもらいたいと問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

【金庫の処分】不用品回収業者

不用品回収業者は、危険物など例外はありますが不用品であれば基本的に何でも回収します。

自宅まで引き取りに来てくれるサービスで、多くの場合は家の中から外への運搬もしてくれるため、金庫のような重いものでも楽に処分できます。

しかし、重くて持ち運びが難しいものの場合は複数の作業員が必要となるため、人件費がかかり費用が高くなってしまう可能性があることには注意が必要です。

金庫の処分費用はどのくらい?

金庫の処分費用はどのくらい?
金庫を処分するときには、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?

手提げ金庫の場合、粗大ゴミとして捨てられる自治体がほとんどです。

捨てられる場合は自治体の定める金額がかかりますので、お住まいの自治体に問い合わせてください。

埋め立てゴミなどの一般のゴミ袋に入れて捨ててもいいという自治体もありますが、その場合はゴミ袋代のみということになります。

その他のほとんどの金庫は、相場としては1kgあたり150~250円ほどが一般的です。

つまり、10kgでは1,500円、20kgでは3,000円ほどからということになります。

また、業者によっては重さではなく、○千円からと値段設定をしているところもありますので、依頼したい業者のHPでよく調べてみましょう。

金庫の処分は専門業者に依頼しよう!

そこで今回は、金庫の処分はどのようにすればよいのか、費用はどのくらいかかるのかなどについてご紹介しました。

金庫はゴミとして捨てられないことがほとんどで、自分で処分方法を選ばなければなりません。

処分をするときは、購入した店舗や金庫専門の業者、不用品回収業者などを利用できます。

また、買取ができるものは買取業者やリサイクルショップに売ることがおすすめです。
適切な方法で処分して、新しい金庫を迎えしましょう。

廃棄物のご相談はスリーエスにおまかせください

夜でも雨でも365日24時間、スリーエスがあなたの元へと駆けつけます。
廃棄物についてお悩みやご不明点があれば遠慮なくご相談ください。
0773-25-9777(受付時間:9:00~17:00)

廃棄物に関するご相談・ご依頼はスリーエスまで!

※この記事に含まれる情報は公的機関の掲出物ではありません。お客様の責任でご利用ください。

記事の監修: 産廃のはてな編集部
「産業廃棄物に関する知識をもっと身近に!」をモットーに、産廃関連の疑問点や不明点を解決する情報メディア「産廃のはてな」でライターとして活動。3年以上におよぶブログ運営の情報を発信しています。