産廃・不用品の処分についての疑問にお答えします!

【スピーカーの廃棄】お得にスピーカーを廃棄する方法を紹介します!

【スピーカーの廃棄】お得にスピーカーを廃棄する方法を紹介します!

スピーカーが壊れてしまった時や、もっといい音が出るものが欲しくなった時は、スピーカーを買い換えたくなることがあります。

しかし、不要になったスピーカーをどうやって廃棄すればいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか?

不要になったスピーカーを廃棄する方法は色々あります。

そこで今回は、スピーカーの廃棄の方法や、お得にスピーカーを廃棄する方法についてご紹介します。

【スピーカー の廃棄】スピーカーはごみとして廃棄できる!

【スピーカー の廃棄】スピーカーはごみとして廃棄できる!
エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機の4品目とパソコンは、家電リサイクル法によってリサイクル方法が定められており、ごみとして出せません。

しかし、スピーカーは家電リサイクル法には当てはまらないので、ごみとして処分することは可能です。

【スピーカー の廃棄】燃えないごみとして出す!

燃えないごみとして出していいサイズであれば、燃えないごみとして出せます。

しかし、基準よりも大きいものは粗大ごみになります。

燃えないごみとして出す前に自治体が定めるサイズを調べ、燃えないごみとして出せる確認することが必要です。

確認せずごみ袋に入れて捨てるのはやめましょう。

【スピーカー の廃棄】粗大ごみとして出す!

粗大ごみは、一辺の長さによって粗大ごみになるかどうかが決まりますが、一般的には一辺が30㎝以上のものが粗大ごみに分類されます。

また、粗大ごみを出す時は、自治体が定める料金を支払って捨てなければなりません。

自治体が販売している粗大ごみの処分用シールを購入して、ごみに貼って指定の場所に置くと、自治体が回収しに来てくれます。

料金については、お住まいの自治体のHPなどで確認しましょう。

【スピーカー の廃棄】スピーカーを廃棄する方法

【スピーカー の廃棄】スピーカーを廃棄する方法
スピーカーは燃えないごみや粗大ごみとして廃棄できますが、その他の廃棄方法があります。

【スピーカー の廃棄】不用品回収業者に依頼する

もう使えないスピーカーは、不用品回収業者に引き取ってもらってもいいでしょう。

不用品回収業者は、有料でいらないものを回収してくれます。

また、まだ商品価値があるものについては買取しているところもあります。

音が出ない、破損しているなどで壊れてしまっているスピーカーでも、部品を取り出して再利用したり海外に売ったりできることもあるため、もしかすると買取をしてもらえるかもしれません。

しかし、無料で回収しているところは違法業者である可能性が高いため避けた方がいいでしょう。

【スピーカー の廃棄】パソコンのスピーカーはパソコンと一緒に回収してもらえる

スピーカーといってもさまざまですが、パソコンのスピーカーの場合、メーカーでは付属品としてパソコンと一緒に回収しています。

パソコンを購入した時に付属品として付いてきたスピーカーであれば、回収対象となります。

しかし、スピーカー単体での回収はできません。

【スピーカー の廃棄】スピーカーをリサイクルする方法

【スピーカー の廃棄】スピーカーをリサイクルする方法
スピーカーをごみとして廃棄したり、不用品として廃棄する方法はありますが、リサイクルする方法もあります。

スピーカーはサイズによって「小型家電リサイクル法」に当てはまります。

小型家電リサイクル法では、携帯電話、デジタルカメラ、電卓、電話機、電子体温計、ヘアードライヤーなどの小さいサイズの家電について、リサイクルを目的に回収しています。

自治体は公共施設や、商業施設などに小型家電回収ボックスを設けており、リサイクルしたいものを直接ボックスの中に入れればリサイクルできるため便利です。

自治体によって小型家電回収ボックスの大きさが違うため、スピーカーのサイズを自治体に伝え、回収できるのかどうか確認しましょう。

【スピーカー の廃棄】状態のいいスピーカーは売れる!

【スピーカー の廃棄】状態のいいスピーカーは売れる!
スピーカーを捨てたりリサイクルしたりする以外にも、売るという方法もあります。

【スピーカー の廃棄】ネットオークションやフリマアプリで売る

スピーカーの音の出方や、傷の有無などで値がつかないのではと思い売ることを諦めていませんか?

ネットオークションやフリマアプリでは、製造年月日にはこだわらず音が出ればよいという方や、あえて古いものを探している方、状態に関わらず特定の品番を探している方などさまざまな方がいます。

また、部品を求めている人もいるため、仮に壊れていたともしても売れる可能性があります。

しかし、ネットオークションやフリマアプリでは出品をしても売れるとは限らないことや、専門の業者に査定してもらえばもっと高値が付くケースがあるなど、場合によっては損をすることも考えられます。

【スピーカー の廃棄】リサイクルショップに売る

気軽かつ手早く売る方法としては、リサイクルショップへ持ち込む方法があります。

リサイクルショップによっては、特定のジャンルのものしか買取をしないというところもありますが、電化製品を買取しているところであれば、スピーカーも買取対象である可能性が高いと言えます。

まずは持ち込む前にお店に連絡し、スピーカーは買取対象であるか確認してみることをオススメします。

しかし、リサイクルショップはスピーカーに関して専門的な知識がないことがほとんどだと考えられますので、値段が付いたとしても安い値段になってしまうことが多いでしょう。

【スピーカーの廃棄】専門の買取業者に売る

一般的に電化製品は新しいものしか買取対象になりません。

例えば、製造年月日が5年以内でないと買取できないというルールを設けている業者は少なくありません。

しかし、スピーカーに関しては古いからという理由だけで買取不可になることはなく、むしろヴィンテージものとして希少価値がある場合もよくあります。

そのため、売るのであればスピーカーに関して専門の知識がある業者に買取を依頼することがオススメです。

【スピーカーの廃棄】スピーカーを買取してくれる専門業者

【スピーカーの廃棄】スピーカーを買取してくれる専門業者
スピーカーは専門的な知識を持つ業者に売ることがオススメです。

【スピーカーの廃棄】オーディオ機器専門の買取業者

スピーカー、アンプ、ヘッドフォン、レコードプレイヤーなどオーディオ機器全般を買取している業者は、スピーカーに関して専門的な知識を兼ね備えています。

人気のメーカーや希少価値が高い品番などの知識もあるため、適切な価格で買取してもらえます。

業者によりますが、多くの場合は自宅への出張買取、宅配買取、店頭買取の3種類があるため、どこにお住まいの方でも買取を依頼することが可能です。

【スピーカーの廃棄】一般的な買取サービスをしている業者

家電、ブランド品、骨董品などを扱っている一般的な買取サービスでも、スピーカーを買取している業者がいます。

スピーカーを買取していると宣伝していなくとも依頼をすれば、個別に対応してくれるケースが多いため、まずは問い合わせをしてみてはいかがでしょうか?

このような一般的な買取サービスはオーディオ機器専門ではなく、幅広いジャンルを総合的に扱っている買取サービスではありますが、研修を積んだ査定員が査定しています。

また、査定は無料で、もし値段に納得がいかなかったら買取をキャンセルできます。

数社で見積を取ってより高い価格が出たところに売ることがオススメです。

買取方法としては自宅への出張買取、宅配買取、店頭買取の3種類があり、全国から買取を依頼できます。

スピーカーの廃棄は自分でできます!

そこで今回は、スピーカーの廃棄の方法や、お得にスピーカーを廃棄する方法についてご紹介しました。

スピーカーはごみとして廃棄できますが、廃棄をする前にまずは売れるかどうか調べてみるのがいいでしょう。

特に、スピーカーを専門的に買取している業者に依頼すると、思わぬ高値が付くこともあります。

また、買取できるか不安なものでも、部品として利用価値が高いと評価されて、値がつくケースもありますので、まずは業者から買取の見積をしてもらうことをオススメします。

廃棄物のご相談はスリーエスにおまかせください

廃棄物についてお悩みやご不明点があれば遠慮なくご相談ください。
0773-25-9777(受付時間:9:00~17:00)

廃棄物に関するご相談・ご依頼はスリーエスまで!

※この記事に含まれる情報は公的機関の掲出物ではありません。お客様の責任でご利用ください。

記事の監修: 産廃のはてな編集部
「産業廃棄物に関する知識をもっと身近に!」をモットーに、産廃関連の疑問点や不明点を解決する情報メディア「産廃のはてな」でライターとして活動。3年以上におよぶブログ運営の情報を発信しています。