産廃・不用品の処分についての疑問にお答えします!

エアコンの回収方法は?費用相場は?エアコンの回収について徹底解説

エアコンの回収方法は?費用相場は?エアコンの回収について徹底解説

季節の変わり目や引っ越しなど、エアコンを新しいものにしようと思った時に、古いエアコンの回収はどうすればいいのかわからず困っていませんか?

どのような回収方法があるのか、誰に依頼すればいいのかわからないという方も多いと思います。

また、費用がどのくらいかかるかも気になるところです。

その他にもエアコン回収にあたっては、法律も守らなければならず、考えなければならないことは意外と多いです。

今回は、エアコン回収の方法や、回収にかかる費用や、エアコン回収に対する法律について紹介します。

【エアコンの回収】家電リサイクル法とは?


まず知っておかなければならないのが、家電リサイクル法という法律です。

家電リサイクル法では、エアコンをはじめテレビ、冷蔵庫、洗濯機の4品目が対象となっており、これらはリサイクル料を払うように定められています。

ゴミとして回収できず、法律を守らないと不法投棄になってしまいます。

家電リサイクル法では、リサイクルの方法や費用も定められているため、それらを守って適切に処分するようにしましょう。

中には無料での回収を謳っている業者もいますが、このような場合は法律を守っていないということですので危険です。

違法に回収したものを不法投棄したり、海外に輸出して利益を出していたりするため、このような無料のサービスには決して依頼しないでください。

【エアコンの回収】エアコンは粗大ゴミとして捨てられない!

【エアコンの回収】エアコンは粗大ゴミとして捨てられない!
エアコンは粗大ゴミとして捨てることはできません。

先ほども述べたように、家電リサイクル法という法律を守らないと違法になってしまいますので、まずは家電リサイクル法を守るということを意識することが大切です。

購入してから数年しか経っていないエアコンや、新しいエアコンの場合は、買取してくれる業者依頼することも方法の1つの方法です。

取り外しには費用がかかりますが、それを差し引いてもプラスになるほどの買取価格である場合は、買取を検討してもいいでしょう。

その他の買取ができないような古いものは、引き取りを依頼することになります。

エアコンをどこで購入したか覚えている場合は、購入した業者に連絡し、回収を希望することを伝えると引き受けてもらえることが多いです。

しかし、どこで購入したか覚えていないという場合でも、家電を販売をしている店では引き取りを受け付けているため、自宅から最寄りの店舗に依頼することも可能です。

また、自治体にも回収してもらえます。

費用を払ったあと、指定場所に自分で車に積んで運ぶか、自治体が指定する業者に引き受けてもらうという方法です。

買取をしてもらうか、業者に引き取りしてもらうか、自分で指定場所に持ち込むか、どの方法がいいかまずは考えてみましょう。

【エアコンの回収】エアコン回収している業者は?


業者に依頼したくても、どのような業者が受け付けているかわからないという方もいると思います。

そこで、回収をしている業者について紹介します。

【エアコンの回収】家電量販店

家電量販店では、エアコンをはじめとする家電リサイクル法で定められたものを回収しています。

売り場のカウンターや、専用の電話窓口で依頼する方法により受け付けをしてもらえるので、まずは問い合わせてみることをオススメします。

また、ただ処分するだけではなく新しいものを買うという場合も、設置する際に古いものを撤去して引き取ってくれるので便利です。

後程詳しく述べますが、家電量販店に依頼する場合は、リサイクル料以外にもさらに費用がかかってしまいます。

新しいものを買う場合も、古いものは無償で回収してくれるわけではなく費用はかかるため誤解のないようにしてください。

【エアコンの回収】不用品回収業者

家庭で出た不用品を回収している業者です。

取り外しからしてくれるところを選べば、何も手間をかけずに回収してもらえます。

リサイクル料だけではなく作業料などが上乗せされるため、自分で指定場所に持ち込む方法よりはお金がかかってしまいますが、持ち運びしなくていい分楽な方法ではあります。

無料で回収をしていると宣伝している車を見かけたことがある人は少なくないと思いますが、無料は違法である可能性が非常に高いです。

また、自治体から一般廃棄物収集運搬業の許可を得ていない場合は、家庭から出た不用品を回収できません。

悪質業者の見分け方は「無料を謳っていないか?」「一般廃棄物収集運搬業の許可があるか?」という2点です。

【エアコンの回収】回収してもらう費用はどれくらい?

【エアコンの回収】回収してもらう費用はどれくらい?
リサイクル料は、家電リサイクル法で定められており、支払わなければならないことになっています。

リサイクル料はメーカーや、品番によって違いがありますが、一般財団法人家電製品協会家電リサイクルセンターのHPでは回収できる全てのメーカーや、品番による料金一覧があります。
HPで確認しましょう。

エアコンのリサイクル料は972円、もしくは2,041円の商品がほとんどです。

家電量販店ではこれに加えて、収集運搬料がかかるため合計で数千円にはなります。

不用品回収業者の場合も、さらに作業料などがかかりますが、独自で料金を設定しているため、依頼するところによって費用は変わるでしょう。

リサイクル料については支払う方法が2つありますので紹介します。

【エアコンの回収】料金郵便局振込方式

一般財団法人家電製品協会家電リサイクルセンターに料金を自分で振り込む方法です。

料金を振り込んだあとは「自治体が指定している業者に依頼する」「自分で指定場所に持ち運びをする」「家電量販店などの販売業者に依頼する」という方法があります。

家電量販店などの販売業者には、料金を払ったあとで回収を依頼するのではなく、料金を払う前にあらかじめ受付をしてもらう必要がありますので注意が必要です。

【エアコンの回収】料金販売店回収方式

エアコンを販売している店舗に料金を支払う方法です。

しかし、店舗に依頼すると、リサイクル料に加えて収集運搬料もかかるため、金額は自分で指定場所に持ち込むよりも高くなってしまいます。

収集運搬料は各業者が独自に決めていますので、依頼したい業者に直接問い合わせるようにしてください。

【エアコンの回収】エアコンは法律を守って処分しよう!

【エアコンの回収】エアコンは法律を守って処分しよう!
エアコンは大きい家電であるため、処分をすることを考えると面倒くさくなり、たまたま家の前を通った無料で廃品回収している業者に依頼することを考えてしまうかもしれません。

しかし、無料を謳っている業者は、回収したものから再利用できる部品を抜き出して残りのものは不法投棄してしまうということもあります。

家電リサイクル法は、不法投棄による環境破壊を防ぎ、資源を適切に再利用していくための法律です。

法律をしっかり守ることが環境保全に繋がっていきます。

法律をきちんを守り、定められた方法で処分するようにしましょう。

エアコンの回収についてわからなければ業者に相談しよう!

今回は、エアコン回収の方法や、回収にかかる費用や、エアコン回収に対する法律について紹介しました。

エアコンは粗大ゴミとして捨てることはできず、家電リサイクル法に基づいて処分する必要があります。

また、リサイクル料が決められており、郵便局で振り込むか、引き取りをしてくれる業者に支払うという2つの方法により支払いできます。

方法としては、自分で処分場所に持ち込めますが、家電販売店、自治体、不用品回収業者を利用すると便利です。

費用はかかりますが、法律で定められているものですので、法律を守って適切に処分しましょう。

廃棄物のご相談はスリーエスにおまかせください

廃棄物についてお悩みやご不明点があれば遠慮なくご相談ください。
0773-25-9777(受付時間:9:00~17:00)

廃棄物に関するご相談・ご依頼はスリーエスまで!

※この記事に含まれる情報は公的機関の掲出物ではありません。お客様の責任でご利用ください。

記事の監修: 産廃のはてな編集部
「産業廃棄物に関する知識をもっと身近に!」をモットーに、産廃関連の疑問点や不明点を解決する情報メディア「産廃のはてな」でライターとして活動。3年以上におよぶブログ運営の情報を発信しています。