産廃・不用品の処分についての疑問にお答えします!

冷蔵庫を処分しよう!冷蔵庫の処分費用や注意すべきポイントを解説

冷蔵庫を処分しよう!冷蔵庫の処分費用や注意すべきポイントを解説

「冷蔵庫が古くなってきた…」「引っ越しを機に冷蔵庫を買い替えたい…」と、新しい冷蔵庫の購入を検討すると、同時に考えなければならないのが古い冷蔵庫の処分です。

冷蔵庫は頻繁に処分する物ではないので、処分方法に悩む人もいるはずです。

冷蔵庫は家電リサイクル法に定められた家電4品目の1つです。

法律でリサイクルが義務付けられており、粗大ゴミとして捨てられません。

しかし、一口にリサイクルが必要といっても、処分方法は1つではありません。
いくつかの処分方法があり費用や手段がそれぞれ違います。

そこで今回は、冷蔵庫の処分方法と、冷蔵庫の処分費用について紹介します。
また、冷蔵庫を買い換えする時に注意も合わせ紹介します。

【冷蔵庫の処分】家電リサイクル法を知ろう!

【冷蔵庫の処分】家電リサイクル法を知ろう
まずは、家電リサイクル法について紹介します。

家電リサイクル法とは、廃棄物の減少と資源の再利用を目的に、冷蔵庫、テレビ、エアコン、洗濯機の家電4品目のリサイクルを義務付けた法律です。

いずれも粗大ゴミとして処分できず、販売店や業者などに引き取ってもらわねばなりません。

また、処分の際にはリサイクル料金がかかります。
この料金を支払ってから冷蔵庫を引き渡します。

「どうして捨てるだけなのにお金がかかるの?」と思うかもしれませんが、リサイクルするためには冷蔵庫を解体し資源を分類する作業があります。

こうした手間に人件費がかかるのです。
リサイクル料金の金額は以下の通りです。

  • 170リットル以下…3,740〜5,186円
  • 171リットル以上…4,730〜6,149円

内容積は冷蔵庫上段扉か、扉内側に「全定格内容積」として記載があります。

リサイクル料金の支払いについては、2通りの方法があります。

  • 【料金販売店回収方式】…販売店でリサイクル料金を支払う方法。家電量販店などで回収してもらう場合はこちら。
  • 【料金郵便局振込方式】…郵便局でリサイクル料金を振り込む方法。指定引取所で回収してもらう場合はこちら。

処分方法によって支払う場所が違うので注意しましょう。

リサイクル料金を支払うと、家電リサイクル券をもらいます。
回収前にこれを冷蔵庫に貼り付けます。

「排出控」というリサイクルの証明書もついているので、こちらは大切に保管しましょう。

【冷蔵庫の処分】冷蔵庫のおすすめ4つの処分方法

【冷蔵庫の処分】冷蔵庫のおすすめ4つの処分方法
実際に冷蔵庫を処分する方法を紹介します。

【冷蔵庫の処分方法】買い替える販売店

【料金】リサイクル料金+運搬料
買い替えと同時に処分するなら販売店への依頼がスムーズです。
多くの販売店が設置と、同時に引き取ってくれます。

新品を購入せず、冷蔵庫を回収してほしいだけの場合も受付可能です。

購入した店へ持ち込むのが最良ですが、家電4品目を取り扱う店ならどこでも回収してもらえます。

費用としては、リサイクル料金の他に運搬料がかかります。

運搬料とは、販売店からリサイクルプラント(不用品を再利用できるように資源レベルで分別処理する施設)へ運搬するための料金です。

店によって金額は違いますが3,000〜5,000円、買い替えと同時なら1,000円程度です。

【冷蔵庫の処分方法】指定引取所へ持ち込む

【料金】リサイクル料金のみ
費用を抑えて処分するなら、指定引取所への持ち込みがオススメです。

指定引取所とは、リサイクルプラントへ送る不用品を一時的に保管する施設をいいます。

運搬料がかからないので他の方法よりも安く処分できます。

郵便局でリサイクル料金を事前に支払い、リサイクル券をもらってから持ち込みましょう。
場所が都内15箇所と限られることが難点です。

【冷蔵庫の処分】家電リサイクル受付センター

【料金】リサイクル料金+運搬料
東京都23区限定で家電4品目を回収している施設です。
電話もしくはネットから事前に申し込み、自分で家電を持ち込みます。

リサイクル料金はその場で支払って引き渡すので事前に支払う手間が省けます。
該当地域の方にはおすすめの処分方法です。

【冷蔵庫の処分】不用品回収業者に依頼する

【料金】業者によって異なるが7,000円~
不用品の回収を専門とする業者にも冷蔵庫を引き取ってもらえます。
自宅まで訪問し回収する業者が多いほか、即日対応可能なケースもあります。

多くの不用品とまとめて回収してお得になるプランを提供す業者がほとんどなので、冷蔵庫以外にも処分する家具・家電がある場合にオススメです。

【冷蔵庫の処分】冷蔵庫を「売る」のもアリ?

【冷蔵庫の処分】冷蔵庫を「売る」のもアリ?
冷蔵庫の処分方法を紹介しましたが、ただ処分するだけではなく中古品として売却できます。

もし誰かに売れれば、費用がかかるどころか買取りの代金を受け取れるのでお得です。

そこで、具体的に冷蔵庫を「売る」方法について紹介します。

【冷蔵庫の処分】リサイクルショップで売る

家具・家電などあらゆる物を買い取ってくれるリサイクルショップ。
もちろん冷蔵庫も例外ではありません。製造してから5年以内の冷蔵庫であれば概ね買い取ってもらえます。

5年以上経過していてもメーカーや状態によっては買取り可能な場合もあります。

もし買取りできなくても無料で引き取ってくれることもあるので、一度持ち込んでみましょう。店によっては出張買取も実施しています。

【冷蔵庫の処分】フリマアプリやネットオークションで売る

今や耳にすることも多くなったフリマアプリ、ネットオークションで冷蔵庫を売れます。

ユーザー増加に伴い、手軽に売買できるシステムが整備されています。

基本的にはこちらが買い手に品物を送りますが、地域別に売買できるアプリだと引き取りにきてくれるケースもあります。

個人間でのやりとりなのでトラブルは自己責任ですが、金額も適正価格で取引できるためスムーズに進めばかなりお得な方法です。

【冷蔵庫の処分】不用品回収業者には違法業者もいる!?

【冷蔵庫の処分】不用品回収業者には違法業者もいる!?
冷蔵庫の処分方法や、売却する方法を紹介しましたが、違法な不用品回収業者には注意しましょう。

残念ながら、不用品回収業者のなかには各種許可を得ずに違法で営業している事業者が存在します。

万が一こうした業者に引き渡してしまうと、家具や家電を不法投棄されます。
場合によっては依頼人も罪に問われてしまいます。

また、「回収は無料だが処理に料金がかかる」などといい、高額な料金を請求されることもあります。

拡声器を使って放送して、トラックで街中を巡回したり、空き地で不用品を回収したり、訪問時に事業者名を名乗らない業者には要注意です。

【冷蔵庫の処分】冷蔵庫を買い替え時の注意

【冷蔵庫の処分】冷蔵庫を買い替え時の注意
買い替えと同時に古い冷蔵庫を処分する人が多いかと思います。

新しい冷蔵庫と入れ替える際に、食材保管などの準備をしていないとゴミが増えてしまい手間がかかります。

そこでここでは、買い替え時の注意点について紹介します。

【冷蔵庫の処分】冷蔵庫の中身をなるべく減らす!

冷蔵庫の中に入っている物を整理しましょう。
古い冷蔵庫は中身を全部出してから処分する必要があります。

また、新しい冷蔵庫が冷えるまで数時間かかります。
その間は食材を冷蔵庫に入れられません。

期限の迫った食材はや、生物は冷蔵庫を処分する前に食べていおきましょう。

新しい冷蔵庫の搬入日が近くなったら、買い溜めは控え食材の無駄を避けましょう。

【冷蔵庫の処分】残った食材はクーラーボックスに入れる!

新しい冷蔵庫が冷えるまで数時間かかります。

どうしても残る食材がいくつかあると思うので、それらはクーラーボックスへ保管しましょう。
クーラーボックスのほか、保冷剤の準備も必要です。

冷蔵庫は適切に処分しましょう!

冷蔵庫は適切に処分しましょう!
そこで今回は、冷蔵庫の処分方法と、冷蔵庫の処分費用について紹介しました。

冷蔵庫はサイズが大きくて、処分する方法は悩みます。
そのまま手元に置くわけにもいきませんが、適当な場所へ捨ててしまうのは法律違反です。

冷蔵庫は適切な方法で処分しましょう。

わからないことがあれば、まずは専門機関・業者への問い合わせするのがオススメです。

廃棄物のご相談はスリーエスにおまかせください

廃棄物についてお悩みやご不明点があれば遠慮なくご相談ください。
0773-25-9777(受付時間:9:00~17:00)

廃棄物に関するご相談・ご依頼はスリーエスまで!

※この記事に含まれる情報は公的機関の掲出物ではありません。お客様の責任でご利用ください。

記事の監修: 産廃のはてな編集部
「産業廃棄物に関する知識をもっと身近に!」をモットーに、産廃関連の疑問点や不明点を解決する情報メディア「産廃のはてな」でライターとして活動。3年以上におよぶブログ運営の情報を発信しています。