産廃・不用品の処分についての疑問にお答えします!

【木材の処分】労力VSコスト!木材を処分する方法と注意点を知ろう!

【木材の処分】労力VSコスト!木材を処分する方法と注意点を知ろう!

最近流行りのDIY、好きな材料を使って自分好みのインテリア作りを楽しんでいる方も多いですね。

DIYで作ったのはいいけれど「残った木材や、いらなくなった木材の処分はどうしたらいいの?」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

不要となった木材の処分は、燃えるごみや自治体の粗大ゴミ、不用品回収業者へ処分を依頼できます。
場合によっては、産業廃棄物になる場合もあり注意が必要です。

燃えるゴミや、粗大ゴミで処分すると費用は安くてすみますが、労力や手間がかかってしまいます。

もっと簡単に処分したい!という方は不用品回収業者へ依頼するのがオススメです。

コストはかかるが不用品回収業者に依頼すれば、手間をかけず安全に処分してもらえます。

そこで今回は、木材を処分する方法や、木材を処分する時の注意点についてご紹介します。

【木材の処分】木材を処分する7つの方法

【木材の処分】木材を処分する7つの方法
木材を処分する対象となるのは、以下のようなものです。

  • DIYで使用した木材が不要になったり、残った木材
  • 腐っている木材
  • 他に利用できない木材
  • 釘が刺さっている木材
  • 耐久性が落ちている木材

などが処分の目安となります。

不要になった木材を処分する方法は、大きく分けて7つあります。

【木材の処分】友人や知人に引き取ってもらって処分する!

ハンドメイドなどで利用できる木材であれば、ハンドメイドを趣味とされている友人や知人などに引き取ってもらえば、資源を無駄にせず有効活用できます。

しかし、処分する木材の量が多い場合や、早急に処分したい場合の処分方法としては向いていません。

【木材の処分】ゴミ処理センターへ持ち込んで処分する!

リサイクルできない木材をコスト抑えて処分したい場合は、自分でゴミ処理センターへ持ち込みましょう。

ゴミ処分センターが運営している時間であれば、都合のいいタイミングで処分でき価格も抑えられます。

しかし、処分する木材が多い場合は、運送や処分に手間がかかり1人で処分するのが難しいこともあります。

【木材の処分】粗大ごみに出して処分する!

処分する木材があまり多くなく処分のコストをおさえたい場合は、自治体の粗大ごみで処分するのがオススメです。

自治体によって回収費用が定められているため事前に必要なコストが把握しやすく、どんな状態の木材であっても処分に問題はありません。
自治体が運営しているため信頼性も高いですね。

【木材の処分】森林資源の保護サービスで処分する!

木材の種類や状態によっては高い価格で引き取りしてもらえるので、新しい木材購入の資金としても活用できます。

自分で持ち込みしなければいけないため手間がかかりますが、環境にやさしくエコにつながる処分方法です。

【木材の処分】リサイクルショップに買い取ってもらって処分する!

リサイクルショップによっては木材の買取をしているところがあり、価値の高い木材であれば高価格の査定となるケースもあります。

しかし、店舗へ持ち込む時間がない方や、出張買取をしていない店舗では運搬の手間がかかります。

【木材の処分】オークションやフリマアプリへ出品して処分する!

ハンドメイドで利用したい方にニーズが高い状態のいい木材であれば、オークションやフリマアプリで引き取ってもらえます。

自分が希望する価格で売れる可能性もありますが、出品や配送の手間がかかるほか出品しても買い手がつかないこともあるため早急に処分したい方には向いていません。

【木材の処分】不用品回収業者に処分を依頼する!

大量の木材や他の不用品とともに、早くまとめて処分したい方に向いているのが、不用品回収業者の利用です。

自宅で出張買取できる業者もいるので、運搬の手間がなくまとめて処分できるため効率的です。

事前に買取日の調整や見積もりなどに手間がかかりますが、信頼できる業者を選べばスムーズに木材を処分できます。

【木材の処分】自分で木材を処分する「メリット」「デメリット」

【木材の処分】自分で木材を処分する「メリット」「デメリット」
自分で木材を処分すれば処分費用を抑えられて、燃えるゴミとして出したりホームセンターで引き取ってもらえれば無料で処分できます。

しかし、木材の運搬や、燃えるごみのサイズにするためにカットしたり、手間と労力が必要です。

「廃棄物処理法」の第6条に基づき自治体によって、木材が産業廃棄物になるケースなどデメリットがあり、より処分に手間がかかる可能性もあります。

【木材の処分】不用品回収業者に依頼する「メリット」「デメリット」

【木材の処分】不用品回収業者に依頼する「メリット」「デメリット」
不用品回収業者に依頼すれば運搬、手続き、木材カットの手間や労力を省けます。

安全性の心配もなく、大量の不要木材をまとめて処分できるメリットがあります。

また、木材の状態によって買取してもらえることもあります。

しかし、自分で処分するよりも処分費用がかかったり、悪質業者も存在するため信頼できる業者を選ぶ必要があります。

【木材の処分】不用品回収業者を利用しよう!

【木材の処分】不用品回収業者を利用しよう!

  • 処分したい木材が多い人
  • 処分する木材が1人で運搬できない人
  • 仕事や育児などで処分の日程調整が必要な人
  • 木材以外の不用品が多く片付けも依頼したい人
  • 木材のカットやごみの仕分けなど手間をかけたくない人

上記のような事情がある方は不用品回収業者を利用して、手間なくスピーディーに処分するのがオススメです。

【木材の処分】不要木材がリサイクルにつながる?

【木材の処分】不要木材がリサイクルにつながる?
木材処分は資源を無駄にしているというイメージがありますが、不用品回収業者によっては不要木材の有効活用を推進しているところもあります。

燃料や再生紙などの資源としてエコに力をいれている業者もあるため、利用するならそういったところを利用すればエコに協力きますね。

例えば、木材を加工した切れ端などの廃木材を利用した木製ストローがあります。

ヒノキ、スギ、トドマツ、カエデ、クルミなど木によって、香や色が様々で趣があり、倒木、間伐材を用いて適度な森林管理して防災に役立ち、環境にも優しいことで注目されています。

処分する木材でリサイクルが可能となるひとつの事例です。

環境に優しい木材処分を心がけよう!

 環境に優しい木材処分を心がけよう! 今回は、木材を処分する方法や、木材を処分する時の注意点についてご紹介しました。 DIYをすることは、木のぬくもりを感じたり、心の安らぎに繋がるため素晴らしいことですが、限りある資源の木材を無駄にしないことが大切です。 処分のコストを抑えようと自分で木材を処分する場合は、自治体によって木材既定の処分が細かく定められているため、自治体窓口や粗大ごみセンターなどで確認しましょう。 手間と労力をかけず処分したい場合は、不用品回収業者に依頼するのがオススメです。 不用品回収業者に依頼すると、木材の処分と合わせて不用品も処分してくれるなどメリットがありますが、高額請求などトラブルが発生するリスクもあります。 そのため、インターネットで情報収集したり複数の業者から見積もりを依頼して、信頼できる業者を選ぶ必要があります。 ご自身の状況に合わせて適切な処分方法を選びましょう。 (注)本記事の内容は、公的機関の掲出物ではありません。記事掲載日時点の情報に基づき作成しておりますが、最新の情報を保証するものではございません。 by highfive 処分木材 Facebook Twitter Google+ Hatena Pocket LINE « Prev 関連記事 2020年1月27日 金庫の処分はどうすればいい?金庫の処分方法と気になる費用を解説! 2020年1月7日 【マットレスの処分に】困ったら必見!マットレスの処分方法や料金 2019年12月25日 【医療ゴミの処分】医療ゴミの処分方法や一般ゴミとの違いを知ろう! 2019年12月13日 ソファーの処分はどうしたらいいの?ソファーの処分方法や注意点を知ろう! Search 最近の投稿 【木材の処分】労力VSコスト!木材を処分する方法と注意点を知ろう! 【家具の回収】不要になった家具を回収する5つの方法について紹介! 金庫の処分はどうすればいい?金庫の処分方法と気になる費用を解説! 【洗濯機の引き取り】無料で洗濯機を引き取りしてくれる業者がいるの? 【不用品の引き取り方法】不用品の引き取り方法と費用相場を知ろう! カテゴリー
今回は、木材を処分する方法や、木材を処分する時の注意点についてご紹介しました。

DIYをすることは、木のぬくもりを感じたり、心の安らぎに繋がるため素晴らしいことですが、限りある資源の木材を無駄にしないことが大切です。

処分のコストを抑えようと自分で木材を処分する場合は、自治体によって木材既定の処分が細かく定められているため、自治体窓口や粗大ごみセンターなどで確認しましょう。

手間と労力をかけず処分したい場合は、不用品回収業者に依頼するのがオススメです。

不用品回収業者に依頼すると、木材の処分と合わせて不用品も処分してくれるなどメリットがありますが、高額請求されるなどトラブルが発生するリスクもあります。

そのため、インターネットで情報収集したり複数の業者から見積もりを依頼して、信頼できる業者を選ぶ必要があります。

ご自身の状況に合わせて適切な処分方法を選びましょう。

廃棄物のご相談はスリーエスにおまかせください

廃棄物についてお悩みやご不明点があれば遠慮なくご相談ください。
0773-25-9777(受付時間:9:00~17:00)

廃棄物に関するご相談・ご依頼はスリーエスまで!

※この記事に含まれる情報は公的機関の掲出物ではありません。お客様の責任でご利用ください。

記事の監修: 産廃のはてな編集部
「産業廃棄物に関する知識をもっと身近に!」をモットーに、産廃関連の疑問点や不明点を解決する情報メディア「産廃のはてな」でライターとして活動。3年以上におよぶブログ運営の情報を発信しています。