産廃・不用品の処分についての疑問にお答えします!

【着なくなった服を処分する方法】得する古着(服)の処分方法を知ろう!

【着なくなった服を処分する方法】得する古着(服)の処分方法を知ろう!

まだ着られるけど着る機会がない服、ワンシーズンだけ着たけどもう着なくなった服、高い買い物だったのに似合わなかった服など、着なくなった服はたくさんあると思います。

着なくなった服を処分するのはもったいないですよね?

いつか着ると思っていてもクローゼットにしまっていても、ほとんど着ないです。

全然着てない服を活用できたら収納が増え、キレイな部屋で気持ちよく過ごせますよ。
不要な服を処分(リサイクル)することで、少しでもお金になったり社会貢献できる方法があります。

今回は、着なくなった服を処分(リサイクル)する方法や、服をリサイクルするメリットやデメリットについてご紹介します。

服を処分する目安は?断捨離の基準を知ろう!

服を処分する目安は?断捨離の基準を知ろう!
服を処分する目安はどんなところを確認したらいいのでしょうか?
服を処分する基準を知れば「いる服・いらない服」の見極めが簡単にできるようになります。

【服を処分する目安】ワンシーズン1回も着てない

ワンシーズンを通じて1回も着てない服はこれから先もきっと着ない服です。買ったけれど試着だけしかしていない新品同様の服やブランドの服は高価買取の可能性も大きいでしょう。

【服を処分する目安】流行でない

高くて買ったけど今の流行に合っていない服は「ダサい」と感じ着る機会がありません。せっかく着るなら流行の素敵な服を着たいですよね。

【服を処分する目安】合わせにくい

服に一目惚れして購入したパターンですが、アパレルショップで試着したら可愛かったのに自宅で着ると可愛くない…合わせる服がない!という場合は断捨離の対象です。

【服を処分する目安】似たような服がいっぱいある

インナーは気に入ったデザインやカラーが同じものがあっても構いませんが、アウターやスカートなどは同じデザインの服があると好みの方だけを着てしまいがちです。同じデザインの服が何枚もある場合は、気に入った一方だけを残して断捨離しましょう。

【服を処分する目安】サイズが合わない

妊娠前と出産後など特に体型や服のサイズが変わりがちです。気に入った服でも今着られない服は断捨離するタイミングです。

着【服を処分する目安】たくない服

服を見て「かわいいな」「着たいな」と心動かされない服は断捨離の対象です。昔買ったけど好みが変わってときめかない!という場合や苦い思い出がある服もこの機会に思い切って断捨離しましょう。

【服を処分する目安】着るタイミングがはっきりしない

「誰が」「いつ」「着る」という服を着るタイミングが明確な服は必要な服ですが、タイミングがはっきりしない服はタンスの肥やしになる可能性が高いでしょう。

ご紹介した7つのポイントが着なくなった服をリサイクルする目安です。

不要な服をたくさん持っている人は常に自分の中で「この服はいる服?いらない服?」と判断するように心がけましょう。

もし不要な服ならリサイクルによって、あなたがときめかなかった服も誰かの心を動かすかもしれません。

また、ダメージのある服はリサイクルの対象にならないケースもありますので、思い切って捨てるというのもひとつの方法です。

着ない服を売って処分すればおこづかいや社会貢献

着ない服を売って処分すればおこづかいや社会貢献
リサイクルにはお金に変える方法と社会貢献する方法があります。

どちらが自分に合っているか考えて選んでみてください。

リサイクルショップで服を売って処分しておこずかい

最近ではインターネットを検索すればたくさんのリサイクルショップを調べられます。
宅配での買い取りや持ち込みでの買い取りなど店舗によって様々です。

大掃除や引っ越しで出たたくさんの着なくなった服を「まとめてリサイクルしたい!」という場合にオススメです。

ネットオークションやアプリで服を売って処分しておこずかい

リサイクルショップの店舗を利用せずに直接購入者と売買のやり取りをするリサイクル方法です。
「訳ありの着なくなった服」でも金額によっては購入されるケースもあります。

オークションやフリマアプリで着なくなった服をリサイクルするには、見た目がきれいな写真を撮り商品のアピールすること、商品の説明やダメージについて漏れがないことなど正確さが求められます。

フリーマーケットで服を売って処分しておこずかい

着なくなった服が大量にある、着れなくなった子供服がある場合にはフリーマーケットもオススメです。
購入者とのやり取りが楽しめますが、参加費用として数千円必要になります。

着なくなった服のリサイクルでお小遣い稼ぎしたいという人よりも、着なくなった服をリサイクルしながらフリーマーケットを楽しみたいという人に向いています。

下取りで服を売って処分しておこずかい

アパレルショップなどで新しい服を買う時に、着なくなった服を下取りしてもらえるサービスです。

着なくなった服をリサイクルすることで、店舗で使用できるポイントとして買い取ってもらえるので、好きなブランドの店舗ならお得ですね。

リメイクで服を売って処分しておこずかい

いらなくなった着なくなった服をただリサイクルするだけでなく、「Re・Make」新しく生まれ変わらせる方法です。

ハンドメイドが得意な方はご自身でされている方もいらっしゃいますが、リメイクサービスしているショップもあります。

例えば、アルバムや、日傘、名刺ケースなど思い出の服を新しいアイテムに変え長く使い続けられます。
子供服をアルバムにすれば、ギフトとして活用できたり昔を思い出すアイテムになるでしょう。

大切な服だからこそ、手元に置いて新しい時間を過ごし思い出を重ねていける素敵なアイデアですね。

ゴミとして服を処分して社会貢献する

着なくなった服といってもあまりにもダメージが強いものは買取対象とならずリメイクも難しい場合があります。

リサイクルせずに着なくなった服をゴミとして処分する場合は、自治体によって異なるルールにしたがって処分しなければいけません。

折りこみチラシなどでよく見かける不用品回収業者を利用する場合は、悪質業者の可能性もあるので注意しなければいけません。

服を処分してリサイクルするメリットとデメリット

服を処分してリサイクルするメリットとデメリット
着なくなった服をリサイクルする場合、メリットとデメリットがあることを把握しておきましょう。

服を処分してリサイクルするメリット

【現金が手に入る】
お金が必要なときや新しい服を購入したいとき、費用の足しになることがメリットです。
ゴミとして捨てたら0円ですが、安くてもリサイクルショップで買い取りしてもらえればお金に変えられます。

ネットオークションやフリマアプリでは、リサイクルショップよりも高値で売れるので、手間や時間がかかっても問題ないという方は活用してみましょう。

【断捨離できる】
大掃除や引っ越しで出たまとまった着なくなった服がある場合、リサイクルショップでは一度に買い取りしてもらえるので手間を省けます。

ブランドの服や高かった服などはネットオークションやフリマアプリを活用するなど、服の見極めが重要です。

服を処分してリサイクルするデメリット

【服によって買取が安価】
着なくなった服をリサイクルする場合、流行ではないデザインの古い服やノーブランドの服は高値で売れないのがデメリットです。

【時間と手間がかかる】
着なくなった服を選別してリサイクルショップへ持ち込む、ネットオークションやフリマアプリに出品する手間や時間がかかるので、忙しい方は大変に感じることもあるでしょう。

より高値で売りたい場合は、写真の撮り方や明るさ、売る季節のタイミングなどにも考慮することが大切です。

リサイクルショップに持ち込む、宅配買取を利用する場合では、査定や身分証明書の提示などが必要となりますが、ネットオークションやフリマアプリではサービスにまず登録し、購入された場合には購入者と直接のやり取りが必要です。

どちらも時間や手間がかかりますが、対面でやり取りできるリサイクルショップの方がトラブルは少ないでしょう。

服を高く処分する時の注意点を知っておこう!

服を高く処分する時の注意点を知っておこう!
着なくなった服を高くリサイクルするなら、なるべく服はキレイな状態で保持しておくことが鉄則です。

クリーニングやアイロンをして、状態をよくするだけで高値買取の対象となります。
衣類のシワを伸ばすだけでもグッと値段が変わってきますよ。

ネットオークションやフリマアプリの場合では、商品写真は複数枚取り、商品の説明はできるだけ詳細に記入することがポイントです。

購入者の立場になって「どんな説明ならこの服を買いたいか」ということが着なくなった服のリサイクルの心構えです。

社会貢献を考えるなら服を寄付して処分

社会貢献を考えるなら服を寄付して処分
着なくなった服のリサイクルにはフリマアプリや、ネットオークションでお小遣い稼ぎという方法もありますが、不要になった着なくなった服で社会貢献できることを知っていますか?

例えば、大手企業がNPOと協力し着なくなった服の寄付によって、世界にワクチンを届けるというサービスです。

サービスには多くの種類がありますが、購入した専用キットに不要な着なくなった服類を詰めて送付することでワクチンが寄付されるというシステムで、ワクチンを届けるだけでなく着なくなった服の仕分けなどで発展途上国の雇用の機会を作っているのも魅力のひとつです。

また、着なくなった服だけでなく不要になった靴や文房具、ぬいぐるみ、楽器などを募集している団体もあり、「寄付をしてみたいけどきっかけがなくてできない」という方はぜひ寄付という方法も検討してみてください。

団体によって異なりますが、募金とセットで着なくなった服を送るシステムになっていたり、送料は送り主負担というケースもありますので注意してください。

アパレルブランドでも着なくなった服のリサイクル活動の一環として、回収した着なくなった服を世界の貧しい人や難民に寄付する支援が行われています。

着なくなった服で世界の誰かの人生を支えられるのは素敵なことですよね。

服を処分する時は有効活用しよう!

服を処分する時は有効活用しよう!
今回は、着なくなった服を処分(リサイクル)する方法や、服をリサイクルするメリットやデメリットについてご紹介しました。

着なくなった服のリサイクルについてご説明しましたが、リサイクルには様々な方法がありますので、ご自身に合った方法を選んでください。

まだ着られる服だけど自分は着ない服は、誰かに着てもらって再利用してもらえるなら無駄にならず有効活用できますね。

衣替えの時期には、毎年のように不要な服が出てくるものですがタンスの肥やしにせずにリサイクルショップやネットオークション、フリマアプリでお金に変えたり、リメイクしたり、寄付をしたり…方法は異なりますが収納スペースの無駄を省くためにも思い切って断捨離してみましょう。

(注)本記事の内容は、公的機関の掲出物ではありません。記事掲載日時点の情報に基づき作成しておりますが、最新の情報を保証するものではございません。