産廃・不用品の処分についての疑問にお答えします!

外壁リフォームは必要?外壁リフォームの必要性や料金をおさえるポイント

外壁リフォームは必要?方法や費用を徹底解説

新築の家を購入し10年。

長年住んだ家の「外壁の劣化が目立つ…」という悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?

外壁は家の顔となる部分であり、ボロボロの外壁では印象もよくありません。

外壁を蘇らせるためには外壁リフォームするのが一般的ですが、どんなリフォームすればいいのでしょうか?

また、費用についても気になりますね。

外壁リフォームの方法や費用の相場は様々で、場合によっては火災保険を使用し費用をおさえられる場合もあります。

家族全員が満足できる外壁リフォームするためには「どこをどのレベルまで改修したいのか」を明確にして、信頼できる業者を選ぶことが重要です。

今回は、外壁リフォームの種類や、外壁リフォームの費用をおさえるポイントについて紹介します。

外壁リフォームの重要性を知ろう!

外壁リフォームの重要性を知ろう!

家に長年住み続けていると、常に雨風に晒されている外壁が劣化するのは当たり前のことですが、なぜ外壁リフォームしなければいけないのでしょうか?

家の外観が悪いだけでなく、重大な理由があります。

外壁の塗装が剥がれることで耐久性がなくなってしまいます。

そして、外壁の防水効果が低下やひび割れだけでなく、外壁の劣化だけでなく家の内部にまで劣化を引き起こしてしまいます。

外壁リフォームすることで、外壁を強化し紫外線や雨風、ホコリなどから家を守り心地よい暮らしを続けています。

また、耐熱効果も上がるため室内環境も整い建物自体の寿命が長くなるといったメリットがあります。

外壁リフォームには大きく分けて3種類ある!

外壁リフォームには大きく分けて3種類ある!

外壁リフォームにはメリットがあることをお伝えしましたが、リフォームを検討するならどんなリフォームするかがポイントになります。

大きく分けて3種類ありますので、効果や費用などを比較し自分に合ったリフォームを選びましょう。

【外壁リフォーム】塗り替え

既存の外壁塗装を塗り直すリフォームで、施行前に高圧洗浄機などで外壁の洗浄やひび割れなど劣化部分を補修して、下塗り、上塗りします。

数年~十数年ごとに塗り直しが必要ですが、費用をおさえられます。

費用の相場は50万円~75万円程度となります。

【外壁リフォーム】張り替え

既存の外壁を撤去し、下地から新しく張り替えるリフォームで、外壁の劣化や老朽化がひどい場合に適しています。

既存の壁を撤去・廃棄する手間と費用がかかりますが、イメージチェンジできるメリットがあります。

外壁リフォームをきっかけに外観を変えたい方にオススメです。

費用の相場は200万円~230万円程度です。

【外壁リフォーム】カバー工法(重ね塗り)

既存の壁材の上に、新しい壁材を重ね張りするリフォームで、廃材が出ないため、廃材撤去の作業や費用などが発生しません。

費用を抑えてイメージチェンジでき、遮音性や断熱性が高まるメリットがありますが、複雑な形状の外壁や劣化がひどい外壁への施工は適していません。

費用の相場は150万円~180万円程度です。

【外壁リフォーム】選び方のポイント

3種類ある外壁リフォームの方法ですが、どれがいいのか迷いますよね。

  • 予算を最優先に考えたい・ひび割れ程度の劣化なら最も安価な「塗り替え」
  • ひび割れ程度の劣化でイメージチェンジとともに遮音性や断熱性を高めたいなら「カバー工法(重ね塗り)」
  • 外壁の劣化がひどく雨漏りなどもしている場合は「張り替え」

それぞれのメリットやデメリットを見極め選びましょう。

外壁リフォームするタイミングは?

外壁リフォームするタイミングは?

外壁は雨風や日差しなどから家族を守ってくれますが、住んでいるといつの間にかひび割れや汚れ、色褪せなど様々な劣化が生じます。

ひび割れを放置することで建物内部への雨の侵入の原因となりますので、劣化がひどくならない内にリフォームすることをオススメします。

外壁リフォームのタイミングの目安

  • 新築から住んで15年~20年経過
  • 最後の外壁リフォームから10年経過
  • チョーキング現象がみられたら

聞きなれない「チョーキング」というワードですが、これは白亜化現象ともいわれ、外壁の塗料に含まれている顔料がチョークの粉のように出てきてしまう現象のことです。

外壁の表面に表層樹脂が塗装されていますが、これが雨風や日差し、湿気、紫外線などにより劣化してしまうことが原因で起こります。

このチョーキング現象がみられたら、外壁の塗料が劣化し、防水機能が低下してきている「劣化の初期症状」になっているため外壁リフォームを検討するタイミングです。

外壁リフォームの費用をおさえるポイント

外壁リフォームの費用をおさえるポイント

外壁リフォームを検討する頃になると、建物内部の経年劣化も生じ、様々機器のメンテナンスやリフォーム費用がかさむ時期です。

特に外壁リフォームは大掛かりで高額な費用が生じるため、つい後回しになりがちですがポイントを押さえ既存の外壁を長持ちさせれば、費用を安くおさえられます。

  • 耐久性の高い壁材を選ぶ
  • 定期的にメンテナンスして、日ごろから外壁を手入れする

この2点が既存の外壁を長持ちさせるポイントですが、実績と値段を見極め納得できる業者を見つけるのも費用をおさえるポイントのひとつです。

火災保険で外壁リフォームできるケース

台風や雪外などによる風災、雪災、雹災などの自然災害に該当すると認められた場合は、火災保険で外壁リフォームが適用されるケースがあります。

該当するのは台風などの強風で飛ばされてきた物が外壁にぶつかり、穴が開く、壁の一部が剥がれたような場合に適用され、破損事故が起こってから3年以内の申請と定められています。

また、鑑定会社による損害保険鑑定人による調査をクリアし条件が認められなければいけません。

保障される適用条件についてはそれぞれ細かく設定されていますので、加入されている火災保険を確認しましょう。

火災保険で外壁リフォームできればお得ですが、耐用年数がきて劣化した外壁には適応されないため注意してください。

信頼できる業者に外壁リフォームを依頼しよう!

信頼できる業者に依頼し、素敵な外壁リフォームをしよう

全国には多数の塗装業者があり、大手メーカー、工務店、塗装専門店など様々でその件数は数十万社ともいわれています。

しかし全てが信頼できる業者とは限らず、中には悪質な業者が存在します。

例えば、技術のない職人が担当していたり、塗料を薄めたり、高額な請求したり、依頼通りのリフォームにならないケースが報告されています。

失敗しない外壁リフォームするには、複数の業者から見積りをとって費用を比較することが大切です。

値段だけで選ばず、口コミや評判、どんなリフォームなのか実績などを見極め信頼できる業者に依頼しましょう。

アフターサービスが充実し、実績のある地元密着型の業者がおすすめです。

家の顔となる外壁リフォームで快適な暮らしを!

今回は、外壁リフォームの種類や、外壁リフォームの費用をおさえるポイントについて紹介しました。

外壁はその家の顔となるだけでなく、家の中を守ってくれる大事な存在です。

外観だけでも資産価値がアップし、家の劣化や耐久性の劣化を防いでくれるなど、快適に過ごすために不可欠なものです。

こまめに手入れして、満足する外壁リフォームで、家族の生活を守る家を長持ちさせましょう。

「株式会社スリーエス」では、空き家整理や産業廃棄物処理・リサイクル・ハウス、オフィスクリーニング・シロアリ駆除・不用品回収に対応し、生活環境や職場環境の快適空間作りのサポートをさせていただきます。
外壁リフォームについてお困りのことがあれば、ぜひ株式会社スリーエスへお気軽にお問い合わせください。

廃棄物のご相談はスリーエスにおまかせください

廃棄物についてお悩みやご不明点があれば遠慮なくご相談ください。
0773-25-9777(受付時間:9:00~17:00)

廃棄物に関するご相談・ご依頼はスリーエスまで!

※この記事に含まれる情報は公的機関の掲出物ではありません。お客様の責任でご利用ください。

記事の監修: 産廃のはてな編集部
「産業廃棄物に関する知識をもっと身近に!」をモットーに、産廃関連の疑問点や不明点を解決する情報メディア「産廃のはてな」でライターとして活動。3年以上におよぶブログ運営の情報を発信しています。
この記事を見た人はこんな記事も見ています