産廃・不用品の処分についての疑問にお答えします!

【プラスチック処分】ネットで見れるプラスチックの処分《2020年》

【プラスチック処分】ネットで見れるプラスチックの処分《2020年》

プラスチックのリサイクル方法がわからない!

色々なリサイクルを調べているけどい、プラスチックのリサイクル方法がみつからない人が多いと思います。

今回はプラスチックのリサイクルについて紹介します。

プラスチックの素材は材質で分けると100種類を越えます。

プラスチックは、「硬質」と「軟質」だけでなく、「熱可燃性」と「熱硬化性」などのがあります。

まずは、どんなプラスチックを使われているかを確認してみてください。

プラスチックのリサイクル方法の代表的なのは「マテリアルリサイクル」で、通い箱や家電製品などは、ほとんどが原材料として再利用されています。

また、「サーマルリサイクル」として燃料として利用さているプラスチックも多いのですが、石油の価格が下がってくると需要も減るなど相場に左右されることもあるようです。

他には、汚れが付着しているビニール系のプラスチックもリサイクルが困難と言われていましたが、その汚れを洗浄してリサイクルする技術も出てきています。

最新のプラスチックのリサイクル技術を知ろう!

【プラスチック処分】ネットで見れるプラスチックの処分《2020年》
今回はプラスチックのリサイクルについて紹介しました。

汚れたままだと、焼却処分になってしまいますが、洗浄することによって「マテリアル」もしくは、「サーマル」でのリサイクルが可能になると、特に食品製造工場などでは導入が進んでいるようです。

廃プラ洗浄リサイクル

益々進化するリサイクル技術の情報を配信し、少しでも未来の地球環境がよくなるように取り組んでいきたいですね。

相談やご質問がございましたら、お問い合わせください。

廃棄物のご相談はスリーエスにおまかせください

廃棄物についてお悩みやご不明点があれば遠慮なくご相談ください。
0773-25-9777(受付時間:9:00~17:00)

廃棄物に関するご相談・ご依頼はスリーエスまで!

※この記事に含まれる情報は公的機関の掲出物ではありません。お客様の責任でご利用ください。

記事の監修: 産廃のはてな編集部
「産業廃棄物に関する知識をもっと身近に!」をモットーに、産廃関連の疑問点や不明点を解決する情報メディア「産廃のはてな」でライターとして活動。3年以上におよぶブログ運営の情報を発信しています。