産廃・不用品の処分についての疑問にお答えします!

オフィスの引越しで出たゴミは産業廃棄物?一般廃棄物?【オフィスの引越し】

オフィスの引越しで出たゴミは産業廃棄物?一般廃棄物?【オフィスの引越し】

オフィスの引越しする時は、色々な作業があります。
その中で見落としやすいのが、「ゴミ処分」です。

不要になった椅子や机などから、給茶用の什器まで様々な物がゴミになります。

しかし、これらをゴミとして処分するには産業廃棄物と、一般廃棄物の分類分けが必要です。

そこで今回は、オフィスの引越しででた不要になったものを産業廃棄物と、一般廃棄物に分類する簡単な見分け方について紹介します。

オフィス引越しの不要な物は全て産業廃棄物?

オフィス引越しの不要な物は全て産業廃棄物?
オフィスを引越しする時に出るゴミは、使われているゴミとして産業廃棄物として扱われます。

全てのオフィスゴミが産業廃棄物ではなく、法令に定められたゴミ以外が一般廃棄物として扱われます。

その際に家庭用と区別されて事業用もしくは産業用の一般廃棄物として扱われます。
引越しの際に出るゴミも同様で産業廃棄物と一般廃棄物では処分の仕方が変わってきます。

【オフィス引越しゴミ】産業廃棄物?一般廃棄物?

【オフィス引越しゴミ】産業廃棄物?一般廃棄物?
オフィス引越しから出る産業廃棄物と、一般廃棄物の簡単な見分け方ですが、コピー用紙などの紙が一般廃棄物として扱われます。

その他にも、給茶用の什器や直接業務に使用しない電気ポットなどの電気器具なども一般廃棄物に分類されます。

産業廃棄物は電化製品などの製造過程で出たゴミのことを指します。

しかし注意しなければいけないのは一般廃棄物を処分する先が各市町村だということです。

このため、一般廃棄物の分類が市町村毎に少しずつ異なるので、市外への引越しには特に注意が必要です。

オフィスの引越しゴミはどうやって処分したらいいの?

オフィスの引越しゴミはどうやって処分したらいいの?
今回は、オフィスの引越しで出た不要になったものを産業廃棄物と、一般廃棄物に分類する簡単な見分け方について紹介しました。

オフィス引越しの時に出たゴミを処分するには、産業廃棄物と一般廃棄物を処分する両方の免許を持っている業者にゴミ処理を任せるのが最もオススメです。

引越し業者にゴミ処理を依頼するには、引越し業者が廃棄物処理の免許を持っている必要があります。

これは、環境省が廃棄物処理を掲示しているマニュアルにも書かれています。
ゴミ処分を無免許業者がすると、依頼人まで法に触れる可能性があります。

廃棄物のご相談はスリーエスにおまかせください

廃棄物についてお悩みやご不明点があれば遠慮なくご相談ください。
0773-25-9777(受付時間:9:00~17:00)

廃棄物に関するご相談・ご依頼はスリーエスまで!

※この記事に含まれる情報は公的機関の掲出物ではありません。お客様の責任でご利用ください。

記事の監修: 産廃のはてな編集部
「産業廃棄物に関する知識をもっと身近に!」をモットーに、産廃関連の疑問点や不明点を解決する情報メディア「産廃のはてな」でライターとして活動。3年以上におよぶブログ運営の情報を発信しています。