産廃・不用品の処分についての疑問にお答えします!

【空き家の活用】誰ににもできる空き家の活用方法はあるの??

【空き家の活用】誰ににもできる空き家の活用方法はあるの??

空き家の活用方法で困っていませんか?

そこで今回は、空き家を有効活用する方法や、空き家活用のメリットやデメリットについてご紹介します。

【空き家の活用】空き家を有効活用して利益を得よう!

【空き家の活用】空き家を有効活用して利益を得よう!
空き家に困っていませんか?

今現在、使わなくなった空き家があるにもかかわらず、それを有効活用できていないという方々も少なくないはずです。

それだとあなたにとっても、他人にとっても損になります。
できるだけ空き家を整理整頓してキレイにしましょう。

空き家を必要としている方々は世の中にたくさんいます。
空き家を探している人たちのために、空き家を有効活用しましょう。

清掃や整理は面倒で、どうしても大変なイメージもあると思いますが、自分でできるだけのことをして、ゴミや不用品を業者に依頼するといいでしょう。

ゴミや、いらなくなった重たい荷物は、業者に引き取ってもらい空き家をキレイにして、他の方が気持ちよく使えるようにしましょう。

キレイに整理整頓できれば、それを貸して欲しいという方が見つかるはずです。
空き家を貸して商売するのも魅力的ではないでしょうか?

空き家を活用するなら管理も大事です!

空き家を活用するなら管理も大事です!
マンションなどの管理人さんだとよくご存知だと思いますが、当然不動産であれば毎日その管理をしていく必要がありますよね?

放置していればカビや汚れもひどくなったり、使用できなくなる可能性があるので、できるだけ日頃から管理しなければなりません。

そこで、空き家をこまめに管理して、掃除をきちんとすることで清潔感を保てます。

空き家を必要としている人に対して最低限のことをしなければ失礼なので、空き家でも毎日管理して変わったことがないかよく確認しましょう。

それができればあなたの空き家を必要としてくれる方たちが、数多くいるはずです。

空き家を活用するなら整理は業者に依頼できる!

空き家を活用するなら整理は業者に依頼できる!
空き家を1人で管理するのは大変で、整理整頓をするだけでもかなりの時間がかかります。

そのために、一人で管理するのが難し時は業者に依頼して、整理整頓してもらいましょう。
費用はかかりますが、き家を整理するためには、その方が効率的で便利です。

個人でするのが難しい場合は、進んで業者に依頼してみましょう。
インターネットで調べれば、近くの便利屋などがすぐに駆けつけてくれます。

【空き家の活用】空き家放置は危険です!

【空き家の活用】空き家放置は危険です!
総務省より発表された2018年の全国の空き家数は846万戸にのぼり全国の総住宅数の13.6%を占めています。少子高齢化により今後も空き家の増加が予測されていますが、空き家を放置することで環境の悪化や負の財産につながるなどデメリットが多いことをご存知でしょうか?

空き家は専門的な知識をもった業者や自治体に相談しながら、活用方法を検討することがおすすめです。活用方法のメリット・デメリット、リスクを理解し、専門家や自治体に相談しながら、総合的に考えた判断が求められます。

空き家を放置することで、地域の生活環境に悪影響や安全性が失われるリスクが高く、特定空き地に指定されたら固定資産税の減免対象となりませんが、空き家を活用すれば収益につながるということを知っておきましょう。

【空き家の活用】社会問題となっている「空き家」の現状

【空き家の活用】社会問題となっている「空き家」の現状
全国の総住宅数の13.6%となっている空き家は現在の総世帯数を上回る数となり、増え続ける空き家は日本の社会問題となっています。

全住宅の7戸に1戸が空き家という現状は、日本の急速に進む少子高齢化がひとつの要因です。

高齢化により自宅に住み続けることが難しくなると、老人ホームや高齢者住宅などへ転居される方が多くいらっしゃいます。
すると自宅として住んでいた家に住人が不在となり、空き家として存在し続ける結果となってしまいます。

今後も高齢化は進み続け、「2025年問題」といわれる団塊の世代が後期高齢者になる時期にはさらに空き家問題は深刻になっていると予測され、特に都心部とは遠い地域において空き家の増加が心配されています。

【空き家の活用】空き家放置がもたらす生活のリスク

【空き家の活用】空き家放置がもたらす生活のリスク
空き家を放置することで、その地域の生活環境に大きな影響を与えるとされています。

【空き家の活用】空き家の老朽化による倒壊のリスク

木造建設された空き家は適切な管理が行われておらず、建築物としての耐久性が低くなっています。

雨水の浸食により脆くなった木は小さな自然災害でも倒壊する恐れがあります。

【空き家の活用】地域の景観や治安の悪化

放置された空き家は時間の経過とともに外観が悪くなっていきます。

そうすると地域の周辺環境の景観を破壊し、治安の悪化につながるリスクとなります。

住民により適切に管理されていない家は、老朽化や外観の悪化のスピードも早いものです。

【空き家の活用】トラブル増加

建物の老朽化や見た目の悪化により、不法投棄や害虫のリスクが高まります。

また、割れ窓理論(ブロークンウィンドウズ理論)によってさらなる地域環境の悪化が予測され放火や不法侵入などの犯罪トラブル発生のリスクを招くとされています。

空き家には枯草やゴミが散乱し、さらに人の目も少ないことから放火などの犯罪リスクが高く、空き家を放置しない対策が必要となります。

【空き家の活用】資産価値の低下

建物の資産価値は建築当時がピークで時間とともに老朽化し、資産価値が低下していくことが一般的です。

放置された空き家は建物が破損や劣化により損傷し、資産価値を低下させる要因です。

また、外観の悪い空き家がある地域は周辺地域の資産の低下はもちろん、安全な生活を脅かす存在となるでしょう。

3つの空き家の活用方法と「メリット」と「デメリット」

3つの空き家の活用方法と「メリット」と「デメリット」
空き家を放置せず適切に管理することが空き家のリスクを下げる対策となりますが、管理だけにとどまらず、空き家を活用すれば地域の活性化や空き家を所有する方の収益性を上げることにもつながります。

【空き家の活用】賃貸物件する

【メリット】
空き家を賃貸物件に活用するメリットには、家賃収入があります。物件が新しく立地条件が良いことが大切です。

【デメリット】
物件がすでに老朽化している場合はリフォームのコストがかかり、立地が悪い場合は借り手が見つからないことがデメリットです。

【空き家の活用】売却する

【メリット】
空き家を所有していると固定資産税や管理費などのコストがかかりますが、不動産会社へ売却すれば空き家のリスクがなくなりコストも必要なく、収益にもつながります。

最近ではインターネットから一括で査定できるサイトもあるため便利でスピーディーに売却できるのはメリットでしょう。

【デメリット】
空き家といっても資産のひとつ。売却してしまうことで資産がなくなることになるため、将来子供に資産を残せなくなるといったデメリットがあります。

また、売却する不動産会社選びも重要です。信頼できる不動産会社を見極め、売却を決断する必要があります。

【空き家の活用】民泊にする

【メリット】
外国人観光客の増加により宿泊施設が不足しています。
「宿泊料が安く日本の民家に泊まり日常生活を体験できる」魅力があり外国人観光客からの人気が高く、民泊のニーズが高まっています。

民泊運営は管理業者へ代行してもらえるので比較的管理しやすく、地域の活性化にもつながります。

【デメリット】
民泊活用する大きなデメリットは宿泊時のトラブルでしょう。

生活習慣や文化の違いから宿泊する利用者によって部屋の使い方が異なり、室内や家具の破壊や汚れなどのトラブルがきかれます。

また、年間営業日数に上限があるため安定した収益を見込むのが難しく地域の特性や時期などを考慮するといった運営も必要となります。

空き家の活用はお得!?補助金で負担軽減できる!

空き家の活用はお得!?補助金で負担軽減できる!
増え続ける空き家対策として、自治体は空き家の情報収取をはじめ措置や活用を促し空き家を活用したケースには補助金の交付が行われています。

例えば、大阪市の「空家利活用改修補助事業」についてみてみましょう。
※以下大阪市ホームページより引用です。

【住宅再生型】
バリアフリーや省エネといった性能向上に資する改修工事をして、住宅として空家を利活用するもの(改修後の用途:住宅)

【地域まちづくり型】
子ども食堂や高齢者サロンといった地域まちづくりに資する改修工事をして、空家を利活用するもの (改修後の用途:地域まちづくりに資する用途(地域に開かれた居場所等)

家賃低廉化支援(要配慮者の入居受け入れで最大月4万円支給)・改修工事費支援制度(空き家の改修で100万円)・空き家解体補助金制度

補助内容
【住宅再生型】
性能向上に資する改修工事
補助率: 1/2以内
限度額:75万円/戸

【地域まちづくり活用型】
地域まちづくりに資する改修工事
補助率: 1/2以内
限度額:300万円/戸

【住宅再生型・地域まちづくり活用型共通】
インスペクション(既存住宅状況調査)
補助率: 1/2以内
限度額:3万円/戸

耐震診断 (注)
補助率: 9/10以内
限度額:4.5万円/戸

耐震改修設計 (注)
補助率: 2/3以内
限度額:10万円/戸

耐震改修工事 (注)
補助率: 1/2以内
限度額:120万円/戸

(注)既存の大阪市耐震診断・改修補助事業に準ずる

【引用】大阪市・空家利活用改修補助事業

空き家は、補助金を利用して負担を少なく有効活用できることが分かりますね。

【空き家の活用例】介護施設への空き家活用

【空き家の活用例】介護施設への空き家活用
空き家を放置するだけでは収益性がなくもったいないです。
資産を無駄にしないために、空き家の介護施設への活用事例を紹介します。

空き家活用で人気が高いのが介護施設への再生です。介護施設の設置基準に沿った設備のリニューアル、リフォームが必要となりますが、介護を必要とする高齢者の増加に伴い、需要が高く介護ビジネスに特化した企業からのオファーも期待できます。
戸建て住宅では小規模デイサービスへ、マンションでは高齢者向けマンションや住宅への活用が展開されています。

空き家をニーズの高い介護施設に再生することで、収益性が見込まれるほか地域の活性化や環境の保全、社会貢献に繋がるでしょう。

空き家は負の資産!有効活用で収益化しよう!

空き家は負の資産!有効活用で収益化しよう!
今回は、空き家を有効活用する方法や、空き家活用のメリットやデメリットについてご紹介しました。

少子高齢化により空き家は増え続けますが、視野を広くもちどのように活用すれば収益が生まれるか検討することが重要です。

収益化への手間はかかりますが、放置すればリスクが高く負の資産となるだけの放置空き家です。

活用方法のメリットやデメリットをよく検討し、専門家や自治体とよく相談して活用法の選択し判断しましょう。

空き家整理や環境保全での産業廃棄物処理・リサイクル・ハウス、オフィスクリーニング・シロアリ駆除・不用品回収も含め生活全般のお困り事があれば、ぜひ株式会社スリーエスへお気軽にお問い合わせください。

廃棄物のご相談はスリーエスにおまかせください

廃棄物についてお悩みやご不明点があれば遠慮なくご相談ください。
0773-25-9777(受付時間:9:00~17:00)

廃棄物に関するご相談・ご依頼はスリーエスまで!

※この記事に含まれる情報は公的機関の掲出物ではありません。お客様の責任でご利用ください。

記事の監修: 産廃のはてな編集部
「産業廃棄物に関する知識をもっと身近に!」をモットーに、産廃関連の疑問点や不明点を解決する情報メディア「産廃のはてな」でライターとして活動。3年以上におよぶブログ運営の情報を発信しています。