産廃・不用品の処分についての疑問にお答えします!

ワンランク上の廃棄物処分【家電製品編】


山道をドライブしていたら、テレビや冷蔵庫が投げ捨てられていた-という場面に出くわしたことはありませんか?

悲しいことですが、「大事に使っていた物も、不要になればすぐポイッとごみにすればOKという考えの表れですね。

今回は、引越しや片付けで発生するエアコン、テレビなど、「家電リサイクル法」の対象となる廃棄物の適切な処分方法についてご紹介します。

不要になって廃棄処分する場合にも、手放す物に感謝を込めて「ワンランク上」の処分を目指しましょう。

「家電リサイクル法」の対象家電

「家電リサイクル法」の対象となるのは、エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機の4種類です。
これらの家電製品は、法律により適切に処理することが定められています。

これらの家電製品は、たいていどの家庭にも置いてあり、故障して新たに購入したり、引越しを機に「ごみ」にしてしまうことも多いため、処分には注意が必要です。

処分の方法は、大きく「料金販売店回収方式」「料金郵便局振込方式」の2種類に分かれます。
支払う料金も2種類。「リサイクル料金」と「収集・運搬料金」があります。

料金販売店回収方式

この方式では、「家電製品を購入した店舗」または「新たに買い替えする店舗」に
廃棄物の処分を依頼し、その店舗に「リサイクル料金」と「収集・運搬料金」を支払います。

※まずは、店舗に問い合わせましょう。

問い合わせの際には「リサイクル料金」と「収集・運搬料金」がいくらになるか、確認するのを忘れずに。あなたの都合に応じて、製品を持ち込むか、または引き取り依頼をします。家電製品と引き換えに、「リサイクル券の控え」を必ず受け取って下さいね。

料金郵便局振込方式

一方、こちらの方式では、郵便局で「リサイクル料金」を振り込み、※自治体等に「収集・運搬料金」を支払います。

「店舗が家電リサイクルに対応していない」
「自治体が家電製品の廃棄物を引き取っている」
「自分で『指定引取場所』に持ち込む」 という場合です。
「自治体によって、リサイクル家電を引き取るかどうか対応が異なるので、まずは自治体に問い合わせましょう。」

指定引取場所とは、物流センター、配送会社、リサイクルセンターなど、家電リサイクル券センター(RKC)が定める引き取り場所のことです。

この場所に自分で廃棄物を持ち込めば、収集・運搬料金を支払う必要はありません。
お住まいの指定引取場所は、下記のウェブサイトで確認ができます。

指定引取場所検索

http://www.e-map.ne.jp/p/rkcsymap/?

「家電リサイクル法」と耳にしたことがあるものの、「手間や費用がかかりそうだ」「面倒だな」と二の足を踏んでいる方には、

ぜひこの処分方法を参考にして下さい。

何でも簡単に手に入る時代だからこそ、廃棄物の処分は「ワンランク上」を目指しませんか?

(注)本記事の内容は、公的機関の掲出物ではありません。記事掲載日時点の情報に基づき作成しておりますが、最新の情報を保証するものではございません。

by
「産業廃棄物に関する知識をもっと身近に!」をモットーに、産廃関連の疑問点や不明点を解決する情報メディア「産廃のはてな」でライターとして活動。 3年以上におよぶブログ運営の情報を発信しています。