産廃・不用品の処分についての疑問にお答えします!

困ったネズミ…駆除したいけど、どこに依頼すればいいの?


夜になるとネズミの足跡が聞こえる、台所にゴキブリがいるのを見かけたなんてとき、家の中にはどのくらい害虫がいるのか不安になりますよね…。

駆除したいけど死骸をかたづけるのはイヤだって思う人も多いのではないでしょうか?

そんな時はプロに依頼するのが一番です!!

早期発見、早期駆除が被害と費用を低く抑えます。

~害虫の種類によって依頼するところは変わりますので御参考ください~

便利屋に依頼する

蜂の巣の駆除など目に見えて高い専門性が要らない害虫駆除に関しては便利屋に依頼する方がレスポンスも早いのでメリットが高いです。

便利屋でもゴキブリやシロアリなどに高い専門性のある業者もいます。

ホームページに駆除できる害虫が具体的に記載されているようなところは実際に実績を持っている可能性が高いです。

ネズミなどは専門消毒業者に依頼する

ネズミは警戒心が強く頭の良い動物です。

しかも繁殖力が強いことと歯を研ぐのに電気のケーブルを使ったりしますので、駆除が遅れると糞害や火災など被害が大きくなる恐れがあります。

社歴が長い、ホームページなどでネズミ専門の駆除のページがあるような会社や、1年保証などの保証期間を設けられる会社を選ぶと失敗は少ないでしょう。

害獣駆除は狩猟免許がある業者に依頼する

タヌキやハクビシンといった動物も建物に住み着いて糞害をもたらしますが、鳥獣保護法という法律で害獣も守られていて無許可で殺処分することは許されていません。

鳥獣保護法という法律で害獣も守られていて無許可で殺処分することは許されていません。

狩猟免許や防除作業従事者の許可申請が必要となります。狩猟免許のある業者さんに依頼するのが一番てっとり早いので、お住まいの市町村役所の窓口に相談しましょう。

相見積もりは必須

悪徳業者かどうかの判断は1回話を聞いただけでは難しいものです。

失敗する可能性を減らすには相見積もりは必須です!!それで金額の高い低いは判断できると思います。

あと気をつけるべきはこちらの不安につけ込んで必要以上の予防措置を盛り込んでこようとする業者さんです。

言っていることは間違ってはいないのですが本当に今必要かどうかの判断が難しいのです。

相見積もりで数社の工事内容を詳しく聞いて比較できるようにしましょう。

(注)本記事の内容は、公的機関の掲出物ではありません。記事掲載日時点の情報に基づき作成しておりますが、最新の情報を保証するものではございません。

by
「産業廃棄物に関する知識をもっと身近に!」をモットーに、産廃関連の疑問点や不明点を解決する情報メディア「産廃のはてな」でライターとして活動。 3年以上におよぶブログ運営の情報を発信しています。